【派遣会社】マイケルペイジへ行ってきた!来社から仕事紹介までを詳細レポ-ト【比較】

派遣のお仕事

来週からやっと派遣OLデビューをするわっこです。

わたしの本格的な転職活動は5月末~7月の頭。
約1か月半弱かかった。

登録した派遣会社は6社。多い?普通?かな?

その中で、今回は外資系企業に強い「マイケルペイジ」での登録・仕事し紹介、
実際に顔合わせにも行ったのでレポしたいと思います。

マイケルペイジってどんな会社?

外資系転職のマイケル・ペイジ | 外資系求人5000件以上掲載 | Michael Page Japan
世界大手の転職エージェント、マイケル・ペイジ。5000件以上の正社員、契約社員、派遣社員の外資系・国内企業の求人を掲載しています。1976年ロンドンで設立。登録無料、非公開・エグゼクティブのIT、経理・財務、営業・マーケティングの外資系求人案件多数。キャリアアドバイスも満載。皆様のキャリアアップをサポートいたします。

マイケル・ペイジ株式会社は、本社がイギリスであり、現在世界36カ国において、141支店を構えている転職エージェント会社です。

東京オフィスは、2001年に設立され、外資系企業を中心とした正社員、契約社員、派遣社員の仕事を紹介しています。
派遣の求人は、語学力が活かせるのはもちろんのこと、IT、マーケティング、人事、経理、事務系まで取り扱っている分野も様々です。また、長期派遣のみならず、契約から正規雇用への実績も多数あります。また、担当者が分業制ではなく、一人の担当者が仕事紹介から採用までお世話をしてくれるので分業制に比べて 企業側の情報もよく知っているので情報量が多い(過去はこんな方が働いていましたよ、とか詳しい)、そして対応もスピーディーというのも特徴です。

すぐに仕事を見つけたい、外資系企業で英語を活かした仕事で時給が高い(1800円以上)の事務職を探していた私にとってはぴったりの派遣会社ではないかと思いました。

来社~仕事紹介までの流れ

リクナビ派遣からエントリー

最初はマイケルペイジに登録したわけではありません。
リクナビ派遣を見て、たまたま目に入った、外資系の化粧品会社の事務の仕事にエントリー。
その仕事の派遣元会社が、マイケルペイジでした。

マイナビ派遣のサイトからエントリーをして、早速マイケルペイジの担当者からメールで連絡がありました。
担当者は日本人ではなく外国人。もちろん英語でのメールのやりとりです。
さすが外資系!!
お仕事紹介したいので、来社しませんか?とのことで、来社日時を決め、
事前に職務経歴書の提出を求められたのでメールで送りました。
日本語・英語の職務経歴書が必要です。なるほど、外資系ですね~。

来社当日

日比谷線神谷町駅の出口から3分ほどの ヒューリック神谷町ビル6F に
オフィスが入っています。


1階の総合受付で手続きを済ませ、ゲストカードを受け取り、いざ出陣!
担当者は、メールでやりとりしていた外国人の女性。
事前に送ったれレジュメをもとに、早速「簡単にあなたの口から説明してくれますか?」と
言われ、英語で職歴を説明。会話も英語でした。
久々に長めに英語を話したので自分のできなさ具合に凹みます笑。

仕事紹介

早速すぐに紹介できる仕事がいくつかあるということで、求人票を見せていただきました。
業種ごとに担当が違うらしく、その外国人担当者からは、金融業界の仕事の紹介。

その後、また別の担当者(日本人)からは、IT系企業、保険系など
入れ代わり立ち代わり各担当者が 部屋に入ってきて仕事の紹介をしてくれました。
各業種で4社ほど、計10社以上。

中にはう~ん、と乗り気ではない求人もはいっていましたが、

「とりあえずいろいろエントリーしてみて、実際に会ってみればいいと思いますよ!!」という押しの強さ?に圧倒されて、紹介されたものはすべてエントリーしました。
、これが後々後悔することになろうとは・・・

1時間弱ほどで来社面接は終わりました。
外資系の派遣会社らしく?担当者の方はフレンドリーでさっぱりとした印象。
堅苦しさはなく、フラットな対応でした。
日本の派遣会社のように派遣会社の説明やスキルチェックなどもなく、
仕事紹介中心の来社となりました。

紹介していただいたマイケルペイジの仕事の特徴・共通点
・外資系企業
・紹介予定派遣が半分ほど
・時給は高め。(1900円以上がほとんど)

派遣先との顔合わせ!まさかの・・・

来社後、即連絡あり

来社後、すぐに担当者から「エントリーした〇〇社からぜひ顔合わせしたいとのことだけど、いかがですか?」と連絡が。
そこまで行きたい!と思う求人ではありませんでしたが、
「まあ、練習になるかな・・・」と思い数日後に顔合わせすることに。

が、その後も各担当者から次々と「企業先の方から顔合わせしましょうとのことですがいかがですか?」と鬼連絡があり、「しまった・・・・全部エントリーするんじゃなかった」と後悔。

顔合わせ(A社)

来社時に紹介された企業(A社)に顔合わせへ。
開始時間の15分前に営業さんと待ち合わせし、簡単に本日の流れを説明頂きました。

より、A社の担当者はインドの方とのことで、英語での顔合わせとです、とさらっといわれ何にも準備していなかったわたしは、「え!」と焦る笑。

エレベーターでオフィスにいくのかな?と思ったら、
場所は、ビル内の1階のロビー?で行われ、これも結構びっくり!
そして、わたしの職歴の説明→A社での仕事の説明→質疑応答という流れで顔合わせを行いました。
開始早々、あれ?わたしこの企業が求めるスキルとわたしのスキル、全然一致していないやん!
と気が付きました。Excelスキル、PowerPointスキル、足りてないし・・・・。
完全なるミスマッチング!開始して15分くらいであっさり終了。

わざわざ1時間かけてきたのに・・・・と一瞬思いましたが、英語面接の練習だと思って前向きに考えます(´;ω;`)

営業さんも申し訳なさそうな表情で、気まずい雰囲気で解散しました。

顔合わせ(B社)

A社の顔合わせの次の日、同時進行で顔合わせの調整していたB社へ行きました。
が、当日は営業さんの同伴はなく、わたし一人で行かなくてはいけなかったのです。
これは初めてで、「大丈夫かな・・・・」と行く前から不安でした。

B社のオフィスにつき、受付を済ませてミーティングルームにて担当者との顔合わせが始まりました。
ここで不安が的中!

誰も仕切る人がいないではないか!!!!通常は派遣会社の営業さんが仕切ってくれます。
私が仕切るべき?でもでしゃばるべきではない?
向こうの担当者も仕切らないし!え、どうすんの!?

終始しーんと気まずい雰囲気・・・・。
うだうだな感じで終わりました・・・・。
営業さん不在の顔合わせは初めてでしたが、やはり同席いただいた方が精神的に安心だし
進行していただいた方がスムーズです。
ただ、こういった顔合わせもあるんだな、と勉強になりました。

マイケルペイジを利用しての感想まとめ

マイケルペイジの求人は?

・外資系企業中心
・英語力が求められる
・交通費支給・時給も高い(1900円以上)が多い
・紹介予定派遣案件が多い

担当者の対応は?

・対応はとにかくスピーディーで積極的。
・外資系らしく?、担当者の対応もさっぱりとした感じ。日本企業とくらべると多少適当さはあるが、合理的な社風があっている人にはいいかと思う。
・エントリーしてダメだった場合は特に連絡はない。
・紹介してくれる仕事の案件は多い。

マイケルペイジの仕事を選ばなかった理由

マイケルペイジの案件は、時給も高く、紹介予定派遣での契約社員、正社員も目指せるので
案件の質はとても高かった!ただ、わたしのスキルが不足している部分もあり、紹介していただいた仕事は多かったですが、基礎的な事務スキルだけだとなかなかマッチする仕事が少なかったです。経理とかパソコンスキルとか、英語+αでの強みを持っていると有利ですね!
結局顔合わせへ行った企業の案件はお断りし、他社の派遣会社での就業が決まりましたが、今後もっと自分のスキルを高めて、再度マイケルペイジでの仕事でも働くことも検討したいと思っています。

マイケルペイジ株式会社 https://www.michaelpage.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました